滝を見下ろす絶景ポイントから少女が転落死 濡れた岩場で転んだ男性にぶつかられ…

海外の絶景ポイントでは、危険な所でも安全のためのロープや柵がないことも…。

社会

2021/01/17 06:00

滝
(vidalidali/Photodisc/Getty Images Plus/写真はイメージです)

いわゆる絶景ポイントとは、美しい、あるいは雄大な景色が広がる高い場所が多く、大きく身を乗り出せば危険なこともある。インド東部のオリッサ州で起きた恐ろしい事故の話題を、地元メディアの『Odisha TV』をはじめ米国の『NEW YORK POST』などが報じている。



 

■岩場の先端で撮影

事故は1月3日、インドオリッサ州スンダルガル地区を流れる川の、豪快な滝を見下ろせる絶景ポイントで起きた。

死亡したのは、家族と共にそこを訪れていた少女ニルパマ・プラジャパティ(Nirupama Prajapati)さん。スマートフォンを手に危険な岩場の先端まで進むと、撮影に夢中になっていた。


関連記事:女性2名が滝から転落死 足を滑らせた親友を助けようとして…

 

■周囲からは大きな悲鳴

ところがニルパマさんは、背後から1人の男性にぶつかられ、そのはずみで滝に転落した。周囲の誰もが大きな悲鳴を上げたが、まさに一瞬の出来事で、近くにいた親も手を差し伸べようがなかったという。

激しい潮流に飲み込まれたニルパマさんは、22時間におよぶ捜索活動の末、400メートルほど離れた地点の川底で遺体となって発見された。

次ページ
■危険すぎた足元

この記事の画像(1枚)