滝を見下ろす絶景ポイントから少女が転落死 濡れた岩場で転んだ男性にぶつかられ…

海外の絶景ポイントでは、危険な所でも安全のためのロープや柵がないことも…。

社会

2021/01/17 06:00


 

■危険すぎた足元

現場となった岩場は湿って足元がぬるぬるしており、滝つぼを覗こうとして際まで近づこうとする者には、常に注意が呼びかけられていた。

1人が転べば、ドミノ倒し状態でもう1人も転ぶ。さらに今回のケースでは、ぶつかられた1人が命を落としてしまった。こうした場所では、家族や友人であっても互いに距離を保つことが大切だ。


関連記事:絶景でポーズを決めた瞬間に80メートル下へ 我が子の目の前で女性が転落死

 

■「この先は危険。自己責任で」

海外では、危険な絶景ポイントで転落や滑落により命を落とすケースがますます増えており、観光客からはその都度「安全対策を万全に」という声が上がる。

だが、ロープや柵があるのに事故が起きた場合、低すぎた、壊れていた、隙間があって子供がそこから飛び出したなどと、遺族の多くが管理者側の瑕疵を問おうとする。そのうえ、頑丈な高い柵を設ければ「美景とスリルが半減」との苦情も飛び込む。

そこで、多くの管理者側は危険を知らせる警告板のみを設置し、「その後の行動は本人の判断と責任において」とお願いしているのだという。

・合わせて読みたい→プロ雀士グラドル・高宮まり、大人の色気が大放出 「きわどい水着でかっこよく撮れてる」

(文/しらべぇ編集部・浅野 ナオミ

この記事の画像(1枚)