セレブのシングルマザーが乳児連れ飛び降り自殺 交際相手に結婚を拒まれてか

生きていれば、これからもたくさんの幸せや喜びを、我が子と共に経験することができたはず。お金があるだけでは、本当の幸せは手に入らないのだろう。

社会

2021/01/17 17:00

セレブの母
(yacobchuk/Photodisc/Getty Images Plus/写真はイメージです)

大富豪の娘で、本人も起業家として成功していた女性が、幼い我が子を道連れに飛び降り自殺を図った。財産も地位も名誉もありながら、命を粗末にした悲しいニュースを、イギリスの『THE Sun』や『Yahoo! News』が報じている。



 

 

■5ヶ月の我が子と心中

1月6日、香港の超高級マンションに暮らしていたルオ・リリさんという34歳の母親が、5ヶ月の幼い我が子を腕に抱え、自室である豪華なペントハウスから飛び降り、死亡した。

産後にうつ病を発症して心療内科に通っていたことがわかり、事件性は否定されている。

リリさんの父親ルオ・リン氏は、四川省成都市でジンリン不動産(Jinlin Real Estate)を営み、中国では有名な不動産王のひとり。6世代にわたり、漢方薬のビジネスを成功させてきた一族の出身だ。


関連記事:妻を亡くしたばかりだった男 恋人の存在明かした愛娘を殺害し逮捕

 

■学生時代を海外で過ごす

裕福な家庭で育ったリリさんは、学生時代をアメリカやスイス、オーストラリアなどで過ごし、自身も28歳になると起業。海外生活の経験を活かし、中国、アメリカ、韓国などに住む若手起業家たちを支援する会社を立ち上げた。

ビジネスの傍ら、シングルマザーとして子育ても頑張っていたリリさん。インスタグラムには「この子は神様からの贈り物」とのコメントを添え、かわいい赤ちゃんを抱き、幸せそうに微笑む姿も見受けられる。哀悼のコメントのなかにも、フォロワーのショックはとても大きい模様だ。

次ページ
■妊娠していたリリさん

この記事の画像(1枚)