タモリ、地元で「たもり」と呼ばれる魚に出会う ネットでは「共食い」と話題に

タモリが「たもり」と呼ばれる魚に出会った。

2021/01/17 00:45

タモリ
(写真提供:JP News)

16日に放送された『ブラタモリ』(NHK)では、タモリ一行が愛媛県今治市と広島県尾道市を繋ぐ「しまなみ海道」にある島々を巡った。すると番組終盤に「たもり」と呼ばれる魚が登場し、視聴者の間で話題となっている。



 

■最初は雇われた人々

今回タモリ一行は、戦国時代に瀬戸内海を支配した謎多き武装集団「村上海賊」が何故生まれたのかを解明するため、しまなみ海道にある島々を訪れ、村上海賊の足跡を辿った。

村上海賊の最初の姿は、当時貴重品だった塩を安全に運ぶために雇われた人々で、その対価となる代金は酒肴料だったそう。すると、村上海賊の始まりが解明した直後、案内人がタモリに差し入れをした。


関連記事:タモリイチ押しの玄武洞を見て浅野アナが一言 案内人も「素晴らしい」と絶賛

 

■昼食で食べていた…

突然その場に現れた黒子に「今治港」と書かれた魚を見せられたタモリ。案内人が「セトダイなんですけども、この鯛、地元ではこう呼ばれているんです」と言い、この魚が「たもり」と呼ばれていることが明かされた。

見た瞬間、タモリは笑いながら「こういうのが煮つけになって今日出てきた」と話し、じつは昼食で「たもり」を食べていたことが判明。

アシスタントの浅野里香アナウンサーが「じゃあ、お昼私達頂いて…」と気が付くと、タモリは「おかしいと思ったよね? 『これサービスです』って出てきたからね」と、違和感を抱いたという昼食時を振り返った。


■「共食い」の声多数

なお、エンディングを締めたのは、タモリが「たもり」と一緒に写った写真だったため、ネット上では「ラストは、タモリとたもりの2ショット」「タモリさんたもりとツーショット」と話題に。

また「タモリとたもり、共食いだった」「タモリが「たもり」を共食い」など、どちらも同じ名前であることから「共食い」という声も上がり、今回の放送で、多くの視聴者の注目が「たもり」に集まった。

・合わせて読みたい→タモリ、天橋立の展望台で股のぞきを体験 「高さが怖い」の声続出

(文/しらべぇ編集部・綿 つゆ子

テレビNHKタモリ広島県しまなみ海道愛媛県ブラタモリ村上海賊今治港セトダイ
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング