コロナ自宅療養者に薬は処方されない? 『アッコにおまかせ』専門家の解説が話題

『アッコにおまかせ!』では逼迫している医療体制について話題に。自宅療養者の対応に注目が集まった。

テレビ

2021/01/17 13:45

和田アキ子

17日放送の『アッコにおまかせ!』(TBS系)では、現在急速に感染が拡大している新型コロナウイルスがテーマに。番組専門家で長野保健医療大学の特任教授・北村義浩氏の解説に、注目が集まった。



 

■「基本的にありません」

急激に感染者が増えていることにより、逼迫しつつある医療体制。日本医師会会長・中川俊男氏も「現実はすでに医療崩壊」と言及するなど、厳しい状況が続いている。

空いている病床がなく、自宅で療養する人も増えているようだが、薬などは出されるのだろうか。スタジオメンバーからのこの疑問に、北村氏は「(自宅療養者に出している薬は)基本的にありません」と回答。

これに和田アキ子は「えっ」と驚いて見せ、スタジオからもどよめきが上がる事態となった。


関連記事:和田アキ子、感染症専門家への質問に絶賛の嵐 「それ!」「聞きたかった」

 

■市販薬での代用は可能?

北村氏いわく、どうやら「薬が出るのは入院している人だけ」のようで、仮に状態が悪化した場合は「速やかに保健所などの指示に従ってください」とのこと。

さらに解熱剤や風邪薬などの市販薬で代用することが可能か、との問いに対しては「一時的に(症状が)治まることもあるかもしれませんが、結局ウイルスがはびこっていれば、またすぐに熱が上がってくる」との回答で、「あまりオススメはいたしません」だそうだ。

次ページ
■「そうならないために…」