ファミリーマート、「次世代の肉を使ったテリヤキバーガー」が絶品すぎた

ファミリーマートから9種発売された、大豆ミート商品。全品試食した記者が選ぶ、No.1商品は…

グルメ

2021/01/18 06:00

1月12日より、ファミリーマートから“次世代のお肉”として注目を集める「大豆ミート」を使用した新商品が9種登場。

しらべぇ編集部では全品を試食してガチレビューしているのだが、ラスト3品を試食していた中、これまでの商品とは一線を画す激ウマ商品と出会ってしまった。


画像をもっと見る

 

■なぜいま「大豆ミート」?

次世代のお肉として注目を集める「大豆ミート」。大豆は「畑の肉」とも称され、植物性タンパク質をはじめとした栄養が豊富に含まれているため、健康志向な人を中心に関心が高まっている。

この他にも、大豆は食に対する多様な文化などに配慮された食材というだけでなく、畜肉に比べて水や生育にかかるエネルギーといった環境負荷が少ないことから、環境にも配慮された食材としても注目を集めているのだ。


関連記事:サステナブルな食生活 ファミマの大豆ミート麺類は“ほぼ肉”で驚く

 

■「てりやきレタスバーガー」

てりやきレタスバーガー(大豆ミート)
(てりやきレタスバーガー)

その激ウマ商品というのが、「てりやきレタスバーガー」(税込278円)。今回発売された大豆ミート商品はそぼろ状のものがほとんどだったのだが、同商品は大胆にもパティが大豆ミートでできている。

てりやきレタスバーガー(大豆ミート)
(てりやきレタスバーガー)

実物はこのような感じで、商品パッケージほどのボリュームはないものの、温めるとバンズがふっくら。パティが大豆ミートなので1個あたり310キロカロリーほど。

次ページ
■「次世代の食べ物」の実力に感激

この記事の画像(6枚)