「コロナ禍でもどうしてもハンバーガーが…」 30代女性のマックが28000円になった訳

安上がりなうえ、手早く食べられるファストフード。そのどちらも真逆の結果になってしまった、残念な女性の話をご紹介したい。

社会

2021/01/18 10:00

このコロナ禍で、厳しいロックダウン(都市封鎖)が敷かれているにもかかわらず、何としてもマクドナルドのハンバーガーが食べたくなってしまった女性がいた。そこで驚くべき散財が起きたことを、イギリスの『THE Sun』や『Evening Standard』などが報じている。



 

■どうしても食べたくて…

ある日どうしてもマクドナルドのハンバーガーが食べたくなってしまった、イギリスのリンカンシャー州に住む30代のひとりの女性。

彼女は車で北のイースト・ライディング・オブ・ヨークシャーを超え、ノースヨークシャー州スカーバラ(スカボロー)に暮らす姉を誘い、なんと計161キロメートルもの距離を運転し、念願のハンバーガーにありついた。


関連記事:マクドナルド vs デニーズ「ゴディバコラボ」対決 圧倒的美味のメニューを発見

 

■違反行為だった

だが、現在イギリスでは新型コロナウィルスの感染拡大を防ぐため、ロックダウンを敷いて外出を制限し、家族とはいえ別居している者との合流や会食、州をまたいでの移動を禁じていた。

そのため、ノースヨークシャー州警察は違法な移動を経て侵入してきた彼女に対し、200英ポンド(日本円で約28,000円)の罰金を科したという。

次ページ
■真意に向き合う人々