焼そばの意外なところに隠れた縦読みが話題 話題になった感想を開発担当者に直撃

普段はスルーされていた「縦読み」に込められた想いとは。味は評判通りだった…

話題

2021/01/18 20:10

エースコック焼きそば・パッケージ

日本即席食品工業協会によると、2019年度に国内で生産されたインスタントラーメンの量は57億1,628万食で、一人あたりの年間消費量は45.4食となっている。そんな中、ほどんどの人がスルーしていたカップ麺の「ある仕掛け」がSNS上で大きくバズッた。


画像をもっと見る

 

■おなかが満たされる充実感

2019年3月に発売された「スーパーカップMAX大盛り 太麺濃い旨スパーシー焼きそば」。開発担当者は「厚みのある太麺にどっぷり濃厚なソースと、100種類のおいしい素材が入ったMAXふりかけが絡む焼きそばだからこそ、次に向かう活力とおなかの充実感を得られる」と胸をはる。

2020年3月にはリニューアルし、より濃厚なソースの味わいを感じられるように麺のソース練り込み量と液体ソースを増量。


関連記事:あの『ブタメン』のカップ焼きそばが登場 大人たちが喜ぶワケは…

 

■ただ書いても面白くない

カップ麺の中に入れる「100種類のおいしい素材入りMAXふりかけ」を開発するときに、「せっかく100種類もあるのだから、裏面に全部書いてみよう」という話が持ち上がったという。

エースコック焼きそば・縦読み

その際に「ただ書いても面白くない」という意見があがり、縦読みメッセージのアイデアを浮かんだ。発売当初のふりかけの裏面を縦読みすると、「エースコックマックスキアイハイッテマス」となる。


■労力を費やした自信作

新商品開発にかなりの時間と労力を費やした自信作だったため、「エースコックがMAXに頑張って作り上げた商品です」という熱い想いを縦読みに込めたという。

エースコック焼きそば・縦読み

リニューアル時には、「エースコックマックスキアイハイッテマス」にバージョンアップした。

次ページ
■今まではスルーされていた

この記事の画像(5枚)