マツコ・デラックス、かつての隣人の行為を思い出し震撼 「怖かった」

かつてマツコの隣に住んでいた住民の「怖い」行為とは…

テレビ

2021/01/18 19:55

マツコ・デラックス

18日放送の『5時に夢中!』(TOKYO MX)で、マツコ・デラックスが「怖かった隣人」を告白した。



 

■かつての隣人がドアを…

番組内で隣人トラブルについての記事が紹介されると、MC・ふかわりょうからマツコに質問が。すると、マツコは「ずーっと、玄関のドアを5センチから10センチくらい開けて生活してる人が隣に住んでたことあるのよ」と、かつての不思議な隣人を明かした。

この隣人について、マツコは「アレ怖かったね」と不気味さを指摘。続けて、「ずーっとドアが、ちょっと開いてんのよ」「だから、靴とか並んでんのとかちょっと見えるのよ」と、実際の様子を振り返っていく。


関連記事:野良犬への餌やり巡り隣人トラブル 傷害事件に発展し警察が捜査開始

 

■恐怖感を口に

ふかわらが「あぁ~」と納得したようなリアクションをする中、コメンテーターの若林史江氏は「ごめん、私やってたかも」「反対側の窓開けると風通しがいいんですよ、部屋の中の」とこの行為に賛同。

しかし、マツコは「気持ち悪い」とバッサリ切り捨て、「外で何かされるのも迷惑だろうけど、(ドアが開いていると)薄暗く中がずっと見えてんのよ。あれ隣に住んでると凄い怖いよ?」と、隣に住んでいる者としての恐怖感を説いていった。


■4人に1人はご近所トラブルを経験

人里離れた場所でもない限り、周辺住民との関わりは少なからず発生するもの。マンションやアパートといった集合住宅では、なおのこと起こることだろう。

ちなみに、しらべぇ編集部が全国20代〜60代の男女1,336名を対象に調査したところ、全体の24.7%が「ご近所トラブルに巻き込まれたことがある」と回答。性年代別に見ても全ての属性で20%台と、ある程度等しく一定の割合で頭を悩ませていることが分かる。

逆に、自分は普通に暮らしているつもりでも、周囲からは迷惑に感じられているかもしれないもの。ご近所トラブルは、なかなか難しい問題だ。

・合わせて読みたい→ふかわりょう、マツコからの指摘に不安顔 サンタにお願いしたものに爆笑の声

(文/しらべぇ編集部・玉山諒太

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年9月29日~2017年10月2日
対象:全国20代~60代の男女1,336名(有効回答数)