10代男性の半数がコロナ禍でスマホゲーム時間増 推しキャラができた人も

新型コロナウイルスの流行により、自宅にいる時間が増えている。家でスマホゲームをして、時間を潰している人も。

テクノロジー

2021/01/19 10:30

新型コロナウイルスによる外出自粛で、家での時間の使い方が注目されている。スマートフォンのゲームに時間を費やすようになった人は、どれほどいるのだろうか。


画像をもっと見る

 

■「スマホゲーム時間増」2割程度

しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女3,140名を対象に調査したところ、全体の19.9%が「新型コロナウイルス流行以降、スマホゲームをする時間が増えた」と回答した。

新型コロナウイルス流行以降、スマホゲームをする時間が増えたグラフ


関連記事:プレイステーション公式、予想外の方法でゲームを宣伝してしまう 「急にどうした…」

 

■スマホの利用時間が増えて

性年代別では、男女ともに年代が低くなるほど割合が高くなっている。

ゲームに限らず、スマートフォンを利用する時間が増えた人が多いようだ。

「外に出る機会が減って、スマホゲームをやる時間が増えた。他にも漫画を読んだり動画を観たりと、スマホを使う時間が多くなった」(10代・女性)


「これまでたまの暇つぶしにやっていたゲームを、コロナの流行でさらにやり込むようになった」(20代・男性)

次ページ
■やってみたがハマらず

この記事の画像(3枚)