「鼻出しマスク」がトレンド入り その反対の「鼻だけマスク」という商品が存在した

一度見たら絶対に忘れないデザインのマスク。開発者に詳しい話を聞いてみると…

グッズ

2021/01/19 05:00

鼻だけマスク

先週末行われた大学入試共通テストで話題となったのは、試験中に鼻を出した状態でマスクを着用し続けた受験生の失格処分。ネットでは議論が盛り上がり、「鼻出しマスク」がトレンド入りをはたした。

実生活でも着用時の息苦しさから、「鼻出しマスク」をしている人は多い。そんな中、爽快感抜群の「鼻だけマスク」という、インパクト抜群の商品が存在するのを知っているだろうか。



 

■ありそうでなかった新時代のマスク

この商品を発売しているのは、岐阜県にある「若杉エンタープライズ」という会社で、ネット販売を中心に健康商品や健康雑貨のオリジナル商品を販売している。

「鼻だけマスク」は、新型コロナウイルスが流行する前の2019年に発売された商品で、蒸れず熱がこもらない、ありそうでなかった「新時代のマスク」として発売された。


関連記事:茂木健一郎氏、鼻出しマスクでのテスト失格を批判 「試験官側の対処が稚拙」

 

■花粉症対策で作られた

一度見たら絶対に忘れない「鼻だけマスク」、どのようなきっかけで作られたのだろうか。同社代表取締役の若杉邦彦さんに詳しい話を聞いてみると、「もともと花粉症対策で作られた商品になります。マスクは口まであったほうがいいですが、花粉症に限れば鼻だけでいいのではと考えまして」と開発までの経緯を語ってくれた。

あくまでも花粉症対策の商品なのだが、見た目のインパクトから、「着用するのに勇気が必要ですね」と話す。ちなみに開発者の若杉さんをもってしても、新型コロナウイルス流行以前に着用することはなかなかできなかったという。

次ページ
■きっかけはとあるユーチューバー

この記事の画像(1枚)