富士そば新メニュー、見本より本物を美味しくするコツに感動 二度見するけど激ウマ

「富士そば」が「銀だこ」とコラボした衝撃の新メニューを展開。迷わず注文すると、出てきたのは…。

グルメ

2021/01/19 05:45

この世には「やってみなければ分からない」という言葉がある一方で、相反する「火を見るより明らか」というワードが存在するのも事実。

立ち食いそばチェーン「名代 富士そば」が新たに打ち出したメニューが、多くのユーザーに衝撃を与えていることをご存知だろうか。


画像をもっと見る

 

■まさかすぎるコラボ

富士そば

「富士そば」では今月より、たこ焼きチェーン「築地銀だこ」とコラボした新メニュー「銀だこそば(うどん)」を販売開始。

その内容は至ってシンプルで、名前の通りそばの中にたこ焼きが投入されているのだが…どう考えても常人には思いつかないメニューである。

当初は懐疑的であった記者も何度か通ううちに、こちらのメニューの魅力が見えてきたので、今回は異色のそばをガチレビューしたいと思う。


関連記事:大晦日に食べたい富士そば・三種の神メニュー ただし「年越し」には注意が必要

 

■何か…写真と違くね?

こちらの商品は、たこ焼き以外にはワカメとネギが投入されたシンプルな「かけそば」がベースとなっている。

流石に「そばの中に入れてはマズイ」と判断したのかソースはかかっていないため、「たこ焼きっぽさを醸し出す」という意味では「かつお節」がかなり重要な役割を担っているのだが、提供されたそば本体を見ると、明らかに店頭ポスターと状態が異なっている。

富士そば

そう、ポスターではたこ焼きの上に乗るかつお節が、現物は汁を吸って「しんなり」した状態で提供されていたのだ。

次ページ
■止むを得ない事情があったと推測

この記事の画像(4枚)