河野太郎大臣、ワクチン接種時期に関する報道に苦言 「デタラメだぞ」

新型コロナウイルスの一般人のワクチン接種時期をめぐる報道に、河野太郎大臣がツイッターと苦言

政治

2021/01/20 09:00

河野太郎・自由民主党・衆院議員

新型コロナウイルスのワクチン接種を円滑に進めるため、各省庁との調整役を担う大臣に任命された、河野太郎行政改革担当相が、一般人のワクチン接種時期に関する報道について「デタラメだ」とツイッターで苦言を呈した。



 

■報道に「デタラメだぞ」

河野大臣は19日夜、自身のツイッターにて「一般へのワクチン接種5月想定と政府関係者」という報道記事を引用し、「いや、ワクチン担当になって昨日の今日で、まだ想定していない」と明言。

さらに翌20日朝には、「うあー、NHK、勝手にワクチン接種のスケジュールを作らないでくれ。デタラメだぞ」と、ワクチンへの期待が高まるばかりに相次ぐ誤報に苦言を呈した。


関連記事:河野太郎大臣にツイッターを勧めた人物 10年前の初投稿に反響

 

■多くのユーザーが拡散中

河野大臣の一連のツイートは多くのユーザーによって拡散されており、「ひどいなあ。担当大臣に『デタラメ』と言われる大誤報」「報道が自由すぎる」という怒りの声が相次いでいる他、「え、報道信じてたのに」「何を信じて行動すればいいの…」と戸惑う声も目立つ。

また、「『政府関係者』こういうのあてになんないですね」「誰からの情報なのよ」と、報道機関にデタラメな情報を漏らした“政府関係者”への批判の声も見受けられる。


■SNSでの発信力にも注目

ワクチン担当相に任命された河野大臣は、政界屈指のツイッタラーとして、多くのSNSユーザーから支持を集める。20日朝の時点でフォロワー数は215万9千人超。

大臣が自らSNSで誤報に言及するなど、今後もSNSでの発言が注目される。

・合わせて読みたい→『とくダネ』コロナワクチンの副作用を特集 小倉智昭は「率先して受けたい」

(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい