『グッとラック』不織布マスク警察に志らくが苦言 ネットでも疑問の声

不織布以外のマスクの利用がNGとされる店舗も出る中、「不織布マスク警察」が登場。これに立川志らくが苦言を呈した。

テレビ

2021/01/20 13:15


 

■志らくは「困ったもんですね」と苦言

志らくは「私は基本的に不織布マスクしか着けていない」としつつ、不織布マスク警察について「マスク警察の厄介なところは、自分が正義だと思っているから無知なんですよね」「ちゃんとした知識を得ていないで人を攻撃するという。本当困ったもんですね」と苦言を呈した。

ロンドンブーツ1号2号・田村淳は「お店のルールならばしっかりと守らないといけない」とコメント。続いて「わざわざ、自分が不織布マスクをしてるからってそれを人に強要するようになったら、ギスギスした日本だなって思いますね」と語った。


関連記事:立川志らく、布マスク8000万枚追加に呆れ 「なぜこのようなことを…」

 

■不織布マスク警察に対して疑問の声

今回の放送を受け、「不織布マスクって肌荒れがひどくなるからあんまり着けてないんだよな…」「この間、美容室に行ったら不織布マスク以外NGになっててびっくりした」といった視聴者からの感想がつぶやかれた。

また「マスク警察ほんと嫌だわ」「人に強要する意味がわからない。マスク着けてるなら良くない?」など疑問の声も多数あがっている。

・合わせて読みたい→アベノマスク追加配布に批判殺到 「布」よりも「不織布」がいい?

(文/しらべぇ編集部・北田力也