ゆきぽよの親密男性が薬物逮捕 出演中の「悪質商法防止広告」にも飛び火

ゆきぽよと親密な男性が麻薬及び向精神薬取締法違反容疑で逮捕されたと『週刊文春』が報じ、ツイッター上にも動揺が広がる

エンタメ

2021/01/21 17:15

ゆきぽよ

21日発売の『週刊文春』(文藝春秋社)で、タレントのゆきぽよと親密な男性が麻薬及び向精神薬取締法違反容疑で逮捕されたと報じられ、反響を呼んでいる。

ゆきぽよは、「若者向け悪質商法被害防止共同キャンペーン」の動画広告に出演しており、ツイッター上では動揺が広がっている。



 

■ゆきぽよ本人も尿検査を受けた?

今回逮捕された男性は、ゆきぽよの自宅でコカインを使用して倒れ、帰宅したゆきぽよが通報したところ、尿検査で薬物の陽性反応が出たため逮捕されたと伝えられている。

ゆきぽよ本人も尿検査を受けて、家宅捜索もされたとのことだが、結果、犯罪には関わっていない(シロ)と判断されたとのこと。彼女は現在、「若者向け悪質商法被害防止共同キャンペーン」の動画広告に出演しており、自身の公式ツイッターでも同広告をシェアしている。


関連記事:清原和博、覚せい剤に溺れた日々をドラマで再現 職質の多さに「気の毒」との声も

 

■振り込め詐欺の指示役の前科

ゆきぽよ側は、逮捕された男性とは友人同士で、交際はしていないと語っている。また、ゆきぽよ本人はシロだったものの、男性には、振り込め詐欺の指示役としても逮捕歴があることも報じられている。

ツイッター上では、「大丈夫?」などゆきぽよを心配する声も多く寄せられているが、中には「詐欺師と知りながら」親しくしていたのかと、悪質商法被害防止広告に登場することを疑問視する声も上がっている。

次ページ
■薬物の誘惑は身近?