茂木健一郎氏、日本にはびこるエイジズムを重ねて批判 「レベル低すぎ」

年を取ることがマイナスであるかのような風潮に、脳科学者の茂木健一郎氏が物申す。

2021/01/21 19:15

茂木健一郎

脳科学者の茂木健一郎氏が、21日にツイッターを相次いで更新。国内外の政治ニュースに絡めて、日本社会のエイジズム(年齢差別)を批判した。



 

■ハッシュタグに苦言

発端となったのは、ツイッターでトレンドになっている「自民の二大老害は政界を去れ」とのハッシュタグだった。これは、奔放な発言を繰り返す自由民主党の二階俊博幹事長と、麻生太郎財務相に対する抗議の意味を込めて広まったタグ。

茂木氏はこれに関して、「このハッシュタグ、ぼくは苦手です」と表明し、「政策の内容を具体的に批判するのならいいし大いにやったらいいけれども、『老害』というエイジズムに基づく言葉を平気で使っている時点で、即アウトです」と述べ、賛否を呼んでいた。


関連記事:茂木健一郎、合コン報道の石田純一を叩いて正義説くマスコミに「気持ち悪い」

 

■新大統領のニュースにも…

ツイートから30分後、今度は「NHKのニュースで、バイデン大統領の就任のことを、真っ先に『最高齢の大統領の誕生』と報じる。公共放送ですら、この程度のリテラシーでエイジズム垂れ流し」と、数時間前に就任したアメリカ新大統領のニュースの報じ方を批判。

「日本のメディアも文化空間もレベル低すぎ」と厳しい言葉で結び、日本にはびこるエイジズムを重ねて批判したのだった。

次ページ
■一貫して批判している茂木氏

→Amazonで購入前にギフト券チャージ! ポイント最大2.5%還元

Twitterツイッター政治老害茂木健一郎ジョー・バイデンバイデン大統領エイジズム年齢差別
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング