河本準一、膵臓がんの検査受ける 麻酔の効きが早く「全く記憶無し」

河本準一がブログで膵臓がんの検査を受けたことを明かし、膵炎を2回経験した自身がリスクが高いことも告白

エンタメ

2021/01/22 14:50

次長課長・河本準一

お笑いコンビ次長課長の河本準一が、アメブロ内の公式ブログを更新。膵臓がんの検査を受けたことを公表し、反響が集まっている。



 

■2度の膵炎で「リスクがある」

過去に2回、急性膵炎を患った河本。21日には「膵臓癌検査」というタイトルでブログを更新し、半年に一度の検査を受けたことを告白。

さらに「膵臓はとにかく厄介 何が? 非常に見つけにくい 少し痛みが出てもそれは胃の痛みだと勘違いする リスクがデカい なので、精密検査をして経過を見る」と綴り、2度の膵炎を経験したことにより、自身に「癌のリスクがある」ことも明かしている。


関連記事:河本準一、娘の大人びた言葉に涙 「毎日の大変さがわかりました」

 

■瞬時に麻酔が効き「記憶無し」

続けて河本は、「麻酔をしていつもしますが、何せ麻酔の効きが早すぎて いつも、看護師さんが、はい! 起きましょうか? と言われるまで全く記憶無し」と記しており、全身麻酔で検査をしたのではないかと思われる。

今回は麻酔を打つ前に「秒針を数える」という目標を決めたとのことだが、「よし、秒針を数えてどれぐらいでわからなくな……もう、この言葉すら言えずに記憶無し」と、瞬時に麻酔が効いたことを報告している。

次ページ
■結果報告まで「身を委ねております」