河本準一、好意を寄せてきた女性芸能人を告白 「結婚したかったって…」

次長課長・河本準一に「好き」「結婚したかった」と告げた女性タレントとは。

エンタメ

2021/01/22 21:55

次長課長・河本準一

お笑いコンビ「次長課長」の河本準一が22日、自身のYouTubeチャンネルを更新。台湾出身のタレント、インリン・オブ・ジョイトイから「結婚したかった」と言われた過去を告白した。



 

■「河本さんと結婚したかった」

「インリン・オブ・ジョイトイは僕のこと『好き』って言ってたんですよ。僕のこと好きだったんです」と好意を寄せられていたことを暴露。当時、すでに結婚していた河本に「河本さんが結婚していなかったら、河本さんと結婚したかったです」と告げてくるほど惚れ込んでいたという。

さらに、熱烈なラブコールを受けたエピソードも明かした。


関連記事:河本準一、膵臓がんの検査受ける 麻酔の効きが早く「全く記憶無し」

 

■明石家さんまも興味津々

インリンが『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)にゲスト出演することが決定していたときのこと。「誰と共演したいですか?」という番組からのアンケートで、真っ先に河本の名前を挙げたそう。そして河本は実際にスタジオに呼ばれ、インリンと共演したという。

MCのお笑いタレント・明石家さんまも、2人の組み合わせは意外だったようで「なんで河本が好きやねん?どういう理由で今日、河本を呼んだんや?そんなに絡んだこともないのに」と興味津々。

その気持ちは、河本本人も一緒で「なんでこんなに僕が好きで、結婚までしたいのかよく分からなくって」とし、インリンに理由を尋ねた。


■予想外の理由に「俺、台湾じゃない」

すると、返ってきたのは「祖国を思い出すんです。河本さんといると、国を思い出して安心するんです」との言葉だった。河本は「いや、俺、台湾じゃないけど。俺で祖国思い出されても」と予想外の理由に思わず苦笑したそう。

共演した『さんま御殿』は、いまだにチェックしていないといい「見たくない。どんなオンエアなってるのか怖くて、いまだにふたを開けていない。俺ずっと下向いてたもん」と回想。美人タレントからの猛アピールに、さすがの河本もタジタジになっていたのかもしれない。

・合わせて読みたい→次長課長・河本準一、『ロンハー』番組企画を潰し批判殺到 「収録の2日前に…」

(文/しらべぇ編集部・RT