新型コロナウイルスを呼気で数分以内に判定 イスラエルで簡易チェッカー開発が順調

息を吹き込むだけで、新型コロナウイルスに感染しているか否かが判明。そんな簡易チェッカーが、ひょっとすると商品化されるかもしれない。

社会

2021/01/23 08:30

マスクを外して深呼吸
(tataks/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

イスラエルにある民間の医学研究所が、新型コロナウイルスを個々に検知できる簡易チェッカーの開発を進めていることがわかった。『THE TIMES OF ISRAEL』『THE JERUSALEM POST』に続き、イギリスのメディアなども報じている。



 

■ウイルスを簡易に検知

運転手や被逮捕者の飲酒の有無を検査する、呼気アルコール検知器。これと同じように、息を吹き込むだけで新型コロナウイルスの感染が判明するのであれば、検査の手間と時間がかなり省ける。

大きな注目が集まっているのは、イスラエルのテルアビブに本部を持つ医学研究所の「センテック・メディカル(Scentech Medical)」。

彼らが開発中の簡易チェッカーは、息を吹き込んで数分待つと陽性陰性の判定が出るもので、早くも世界各国の政府から問い合わせが舞い込んでいるそうだ。


関連記事:エボラ出血熱や新型コロナ並みの致死率と感染力 コウモリ由来の新感染症が発生

 

■呼気中の揮発性有機化合物を…

ネスジオナにあるセンテック・メディカルのラボには、各分野で活躍してきた8名の医学博士や化学者たちが勤務している。

呼気中に含まれる8,000種類もの揮発性有機化合物(VOC)について、指紋のマッピング分析さながらの技術をもって各種の癌マーカー物質を推察していく研究の分野では、世界的に有名だという。

簡易チェッカーのテストはケフェア・サバにある総合病院メア・メディカルセンター(MeirMedical Center)の協力を得て行われ、第一段階が終わった時点で精度は98%。これはPCR検査より上を行くが、次の第二段階では、より広範囲を対象に行う必要があるとしている。

次ページ
■デジタル医療技術は世界最高レベル

この記事の画像(1枚)