小学生のアイデアに両親が1万5千円投資 誕生したバスボムで一家は億万長者に

子供の「やってみたい」「作ってみたい」に資金援助し、創作意欲を高めてあげた両親。ヒット商品のアイデアは、子供たちの頭の中に転がっているのかも…。

話題

2021/01/24 16:00

バスボム
(HappyNati/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

特に子供のいる家庭で大人気の「バスボム」。お湯の中でシュワシュワと泡がはじけ、最後は楽しいメッセージ、人形、子供用ジュエリーなどが出てくる夢の詰まった入浴剤だ。

そのバスボムを開発したのは、当時小学生だった米国の姉妹であり、一家はあっという間に億万長者に。まさしく「アメリカン・ドリーム」という話を、『INSIDE EDITION』や『TWIN CITIES BUISNESS』が報じている。



 

■売り上げは年間20億円

ミネソタ州エディナに住む、現在20歳のイサベルさんと18歳のキャロラインさんのバーコウ姉妹。ふたりは200人もの従業員を抱えるバスボムメーカー『Da Bomb Bath Fizzers』の創立者だ。

年間400万個ものバスボムを製造し、年商は日本円でおよそ20億円という同社。バスボムは、大手スーパーの『Target』やドラッグストア系コンビニチェーン『CVS』などに卸され、ディズニーともパートナーシップを組んでいる。


関連記事:高額な食事代をめぐり13歳の少年に壮絶暴行 未成年8人を逮捕

 

■小学生だったある日…

イサベルさんとキャロラインさんが、バスボム作りを思いついたのは8年前。まだ小学生の時だった。

フィギュアスケートをしていた姉妹は、練習後、冷えた体を温めるためゆっくりとお風呂に入っていたが、近くのスーパーで買っていた入浴剤は浴槽に色が移るなど、粗悪なものも多かった。

そこで「もっと良い、もっと楽しい入浴剤を作れるのでは」と話していたところ、両親は「材料代にしなさい」と150ドル(日本円で1万5,000円強)を投資してくれた。

無我夢中でネットや本で情報を集め、良質な材料を購入して始まったボール状の入浴剤を、ふたりは「バスボム」と呼ぶように。

次ページ
■自宅を工場に大改造

この記事の画像(1枚)