激痛を訴えるも医師は信じず 四つん這いで移動する男性の映像に衝撃

脚の痛みを取り除いてほしい。その一心で病院に向かった男性を、医療スタッフはまったく信じなかった。

社会

2021/01/24 06:00


 

■病気の発覚

その後ほどなくして男性は救急車を呼び、トロントの病院へ。そこで検査を受けた結果、ギラン・バレー症候群という診断を下された。

男性が必死に這う様子は病院の監視カメラに残っており、それをメディアが入手。衝撃的な映像を見た人たちからは、「ひどすぎる」と病院の対応を批判する声が噴出した。

男性の家族によると、病院側はその後に謝罪。不適切な対応をした職員も特定したとみられ、「それなりの対処をしました」と明かしたという。


関連記事:「夢を追いたい」と川に飛び込んだYouTuber 頭蓋骨を折るケガに批判殺到

 

■6割弱が病院嫌い

しらべぇ編集部が、全国10〜60代の男女1,732名を対象に調査したところ、全体の55.0%が「病院が嫌いだ」と回答した。

病院

ただでさえ、病院が苦手だと感じる人はこれほど多い。それでも痛みに耐えかね最初の病院に向かった男性だが、そこで得られたのは適切な治療ではなく、屈辱感だけだった。

・合わせて読みたい→辻希美、激痛に襲われ「1人でトイレも行けない状態」に その原因は…

(文/しらべぇ編集部・マローン 小原

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2019年3月22日~2019年3月27日
対象:全国10代~60代の男女1732名 (有効回答数)

この記事の画像(1枚)