新型コロナ2ヶ月後の再感染で18歳男性が死亡 初回が重症だった患者は要注意

新型コロナウイルスにおいては、若いから大丈夫、少し前にかかったから当分は大丈夫、といった油断は大敵だ。

社会

2021/01/24 05:30

新型コロナウイルス・COVID-19・SARS-CoV-2
(画像提供:アメリカ国立アレルギー感染症研究所)

健康だったはずの18歳の男性が、2度目の新型コロナウイルス感染で、あっという間に命を奪われてしまったことを、米国のメディア『KDVR-TV』『FOX31 News』などが伝えている。



 

■健康だったはずの18歳が…

米国では今、新型コロナウイルスに感染後あっという間に死亡した、コロラド州デンバーのウィルバー・ポーティーロさんという男性のケースに注目が集まっている。

彼は18歳で基礎疾患もなく、健康だった。だがひとつ、大きな特徴として挙げられるのは、このたびの感染が「2度目」だったことだ。


関連記事:立川志らく、『グッとラック』で自宅療養の現状に言及 「これは医療崩壊」

 

■友人らとパーティーへ

昨年10月上旬、いとこと一緒にロサンゼルスに旅行し、その最中に新型コロナウイルスに感染したウィルバーさん。予想外に肺炎が重症化し、入院を経験していた。

なんとか回復したウィルバーさんは11月中旬、友人らとパーティーに参加。その後に呼吸器に異変が生じ、11月18日に医療機関を受診した。

次ページ
■入院の翌日に死亡

この記事の画像(1枚)