30代男性の4割が新型コロナの給付金を貯金 知らないうちに使っていた人も

新型コロナウイルスの経済対策として、特別定額給付金が支給された。10万円の給付金を、貯金に回した人はいるのだろうか。

ライフ

2021/01/25 09:00

新型コロナウイルスの特別定額給付金として、10万円が支給されたのは記憶に新しい。給付金を使用せずに、貯金に回した人はどれほどいるのだろうか。


画像をもっと見る

 

■「新型コロナの給付金は貯金」3割程度

しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女3,140名を対象に調査したところ、全体の30.5%が「新型コロナの給付金は貯金した」と回答した。

新型コロナの給付金は貯金したグラフ


関連記事:「新型コロナの補償は充分」最も多いのは20代男性 10万円で喜ぶ人も

 

■いざというときのために貯金

性年代別では、多くの年代で男性よりも女性の割合が高くなっている。

新型コロナの給付金は貯金した性年代別グラフ

特に欲しいものがなかったので、貯金に回した人も。

「そのときに欲しいものが特になかったので、給付金の10万円には今でも手をつけていない」(20代・女性)


いざというときのために、貯金している人もいるようだ。

「給付金が配られた頃には、新型コロナによる収入への影響はなかった。ただ今後はどうなるのかわからないので、いざというときのために貯金することにした」(50代・女性)

次ページ
■知らない間に使っていた

この記事の画像(3枚)