レイプ犯が母親に電話し「娘さんを強姦した」 ショックの被害者女性が自殺を図る

「送り狼」による恐ろしい性暴行の被害。その被害が、さらなる悲劇を生むこともある。

社会

2021/01/27 08:00

電話する犯人
(Weedezign/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

レイプ犯が行為の最中に被害者の母親に電話し、その卑劣な犯行を堂々と告げていた。これに強いショックを受けた女性は、自ら命を絶とうとしたが失敗。悲劇的な事件の話題を、トルコの『Onedio』や英国の『The Sun』などが報じている。



 

 

■卑劣な性的暴行事件

トルコのアンタルヤ市で、2019年9月に大変卑劣な性的暴行事件を起こして逮捕された男が、いつの間にか拘置所から保釈されていたことがわかった。

これに対し、人権擁護団体からは「加害者は断罪されるべき」「このような危険な男をなぜ社会に戻すのか」と批判の声が上がっている。


関連記事:交際相手を強姦した容疑で逮捕された男 保釈後に女性を殺害し自殺

 

■店の外で待ち伏せ

容疑者は、現在36歳のムラット・カヤ。被害者は、当時クラブで働いていた20代後半の女性だった。

勤務を終えて店から出てくるのを待ち伏せしたカヤ容疑者は、「タクシー乗り場まで送ってあげる」と声をかけて彼女を車に乗せた。さらに家具製造所に連れ込みドラッグを飲ませ、数時間にわたり性的暴行を働いた疑いがもたれている。

次ページ
■残忍で冷酷な容疑者

この記事の画像(1枚)