サラリーマン川柳 「コロナ禍あるある」が傑作すぎて選べないレベル

第一生命が「第34回サラリーマン川柳コンクール」の優秀100句を発表。「コロナ禍あるある」をテーマとした作品が目立つ傾向に

話題

2021/01/27 14:10


第一生命サラリーマン川柳

27日、第一生命が「第34回サラリーマン川柳コンクール」の優秀100句を発表。

テレワークやリモート会議の場面を切り取った「コロナ禍あるある」や、『鬼滅の刃』や『あつまれ どうぶつの森』、『Nizi Project』など、トレンドを交えた作品も多く見受けられた。


画像をもっと見る

 

■思わず笑う「テレワークあるある」

第一生命サラリーマン川柳

発表された優秀100句の中でも、とくに目立ったのが「テレワーク」をテーマにした作品だ。

例えば「部下を褒め 妻に気遣う テレワーク」(名ばかり父さん)や、「どこにある ステイホームで 俺の場所」(するめのいのち)は、テレワークに切り替わった家庭の微妙な空気感が伝わってくる。

第一生命サラリーマン川柳

この他にも、「リモートで 便利な言葉 “聞こえません!”」(リモートの達人)や「テレワーク 子供の参入 場が和み」(ヨミ防)など、共感せずにはいられない、テレワークやリモート会議あるある切り取った作品も。


関連記事:河野太郎大臣がテレワークに やってみて感じた「嬉しかったこと」は…

 

■トレンドネタを交えた作品も

第一生命サラリーマン川柳

また、「虹プロで 学ぶダンスと 上司像」(のぼる)や「あつ森に ローンの返済 先越され」(NOベル)、「嫁の呼吸 五感で感じろ! 全集中!!!」(鬼嫁一家)など、トレンドを交えた作品も目立つ。

生活が一変したことが改めて感じられる「置き配を 不審物だと 騒ぐ祖母」(うー婆いーつ)や「持ち帰り 昔は仕事 今はメシ」(主夫と主婦)といった作品もノミネートされている。


■公式ページで投票受付中

第一生命サラリーマン川柳

東京・日比谷にある「第一生命」本社ビル1Fでは候補の100作品が一斉に展示。現地を訪れた編集部記者は「商談などでビルに訪れたと思われるサラリーマンが笑顔で眺めているのが印象的だった」と話す。

優秀100句は「第34回サラリーマン川柳コンクール」公式ページからも閲覧することができ、1月27日(水)~3月19日(金)の期間で投票を受け付けている。TOP10は、5月下旬頃に発表される予定だ。

・合わせて読みたい→『スッキリ』出演医師が呼びかけ 通勤する人にお願いしたい2つのこと

(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい

この記事の画像(7枚)