12歳女児と15歳少年に赤ちゃん誕生 自治体が手厚い支援を表明

まだどう見ても子供同士。そんなふたりに赤ちゃんが誕生し、子育てに追われる日々が始まった。

社会

2021/01/28 10:30

若いカップル
(Jun/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

経済的な自立はまだ無理な年齢ながら、パパとママになった子供たち。そのカップルを支えるサポート体制が意外なほど整っていることを、『Mexico News Daily』などが報じた。



 

 

■12歳女児が母親に

メキシコで暮らす12歳の女の子が、男の子を出産した。妊娠8ヶ月にしての出産だったが、赤ちゃんの体重は3.2キロで身長は50センチ、体の大きさも問題なかった。

赤ちゃんの父親はまだ学校に通う15歳の少年で、そちらとの関係も良好のようだ。


関連記事:出産で死亡した娘に託されたが… 生活困窮の遺族が捨てた赤ちゃんを当局が保護

 

■自治体が援助へ

この若いカップルの写真を、当局が公開。今後、このふたりと赤ちゃんを手厚く支援していくと明かした。

現地メディアの報道をまとめると、同カップルには毎月給付金が支払われるとのこと。また生活環境に問題がないか定期的に確認していくほか、母子に必要な医療サービスも無料に。若いカップルが困った状態に陥らないよう、家族計画カウンセリングも提供していくという。

次ページ
■現在の暮らし

この記事の画像(2枚)