設楽統、麒麟・田村の常軌を逸したエピソードに困惑 「覚醒剤やってるだろ?」

麒麟・田村裕の常軌を逸した天然エピソードにバナナマン・設楽統らから驚きの声が漏れた…

テレビ

2021/01/28 08:10

設楽統

27日深夜放送『バナナサンド』(TBS系)に麒麟・田村裕と川島明が出演。田村の常軌を逸した天然エピソードが暴露され、バナナマン・設楽統らを驚かせた。



 

◼麒麟の歴史

結成2年目の2001年に漫才の祭典『M-1グランプリ』で決勝進出。無名だった麒麟だが、その夜には6本のレギュラー番組が決まる大ブレークを果たした。

さらに2007年には田村の自伝『ホームレス中学生』(ワニブックス)が大ヒットし、それまで貧乏キャラで活躍していた田村が印税2億円を稼ぎ、一転して金持ちキャラに転身。

今ではレギュラー7本を抱える売れっ子芸人となった川島が「じゃないほう芸人」扱いされ、不仲になった時期もあったと明かされる。


関連記事:麒麟・川島、『グッとラック』後番組MC就任の噂を否定 「フェイクニュースなのに」

 

◼田村の話題で盛り上がる

「麒麟といえば川島」と立場が逆転した2人だったが、この日は田村の尋常ではない天然ぶりを川島が暴露していく「田村中心」の展開に。

舞台前にスーツに着替えていた田村は、つま先を地面に「トントン」と当てながら革靴を履く。しかしこの「トントン」という自分が出した音を田村はノックと勘違い、「ハイ」とドアに向けて声をかけた。

その様子を見ていた川島は「2人っきりでやられた。めっちゃ怖いですよ」と当時の心境を吐露し笑いを誘う。

次ページ
◼真夏にダウン