JK生活最後のお弁当、蓋を開けると… 母親の粋なメッセージに思わず感動

卒業シーズンが次第に迫ってきたが、高校生活最後のお弁当をめぐり、ツイッターには感動的な投稿が上がっている。

2021/01/28 12:30

年が明けて卒業シーズンが近づくと、「学校で昼食を食べる」機会も自然と少なくなっていくもの。近頃ツイッター上では、「高校生活最後のお弁当」をめぐるツイートが多数投稿され、話題を呼んでいる。


画像をもっと見る

 

■感動的なのはメニューだけでなく…

25日、「#VigorとわにゃんNox CWN」さんは豪華なお弁当の写真と共に、「高校生活最後のお弁当でお母さんが泣かせてきた」とつづったツイートを投稿。

https://twitter.com/towan___/status/1353543977291534338

お弁当には母親からのメッセージが添えられており、そこには「3年間お弁当を作らせていただき、ありがとうございました」「冷食、玉子焼きばっかでごめんネ」という、思わず目頭が熱くなる文章が。

同ツイートには「とても素晴らしいお母さんですね!」「自分まで泣きそうになってきました…」など、感動したユーザーからの声が多数寄せられている。


関連記事:夫婦喧嘩の翌日、妙に軽い弁当に驚愕 さらなる衝撃が「箸入れ」の中にあった

 

■手紙を見て思わず「うるっときた」

ツイート主のとわにゃんさんに、手紙を発見したときの感想を訊ねてみると、「素直に嬉しかったです。冷食とか卵焼きばっかでごめんねという文を読んだときは、作って貰えるだけで嬉しいのに、謝られたのでうるっときました」という素晴らしい回答が。

投稿写真にあるような「ローストビーフ弁当」は過去になく、今回が初めてだったため「余計に嬉しさが強かったです」とも語ってくれた。家に帰ってから感謝に気持ちを伝えると、母親からは「4月から社会人なので、これからも頑張ってね」という、これまた温かいエールが返ってきたという。

次ページ
■思わず笑顔になってしまうお弁当も!
母親手紙ツイッターお弁当高校生手作り昼食感謝メッセージ
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング