海外選手から「東京五輪不参加」の声 ワクチン接種遅れやIOC会長の「奨励」発言も一因か

ニュージーランドの今回の報道を受け、ほかの国の反応にも注目が集まっている。鍵となるのは、やはりワクチン接種だが…。

2021/01/28 16:25

オリンピック・五輪

27日、ニュージーランド・オリンピック委員会(NZOC)の会長が、新型コロナウイルスのパンデミックを理由に、選手の一部が東京五輪に参加しないかもしれないと発言し始めたことを明らかにした。

今、世界各国のトップアスリートたちが「東京行き」の決断を求められている。これはニュージーランドに限った話ではないはずだ。



 

■五輪への情熱はあっても…

NZOCのケレイン・スミス会長が、国営ラジオ局『ラジオ・ニュージーランド』に話したところによると、代表団は200人を超えるアスリートと大会関係者で450人ほど。

しかし、ここにきて新型コロナウイルスが日本で大流行を見せていることから、五輪にはもちろん参加したいが安全性を確信できない、という一部の選手たちが、東京行きを躊躇するようになっていると明かされた。

なお先週、NZOCは代表団に「五輪の前にワクチン接種を終えておくことが望ましい」と奨励していた。


関連記事:開催まで200日を切った東京五輪 「なぜできると思うのか」と海外メディアは懐疑的

 

■東京は安全、安心なのか

新型コロナウイルスのワクチン接種こそが、安心・安全な五輪参加および開催のカギを握ると言われてきたなか、はっきり言って日本は出遅れている。

新規医薬品の審査体制が脆弱なのか基準が厳しすぎるのか、主要先進国で日本だけがワクチンの承認に至っておらず、選手や大会関係者を含む一般的な国民への接種は5月以降になるという。

しかし感染者数の急増で東京を中心に医療崩壊が起きており、肝心の五輪開催中に壊滅的な状態に陥るかもしれない。もはや日本の国民の8割が開催を支持していない。こうした一連の報道は、海外の人々にとっては不安でしかないだろう。

次ページ
■訪日前の接種は各国バラバラ

→【Amazon】対象は2万冊以上! Kindle本夏のビッグセール【最大50%OFF】

オリンピック東京五輪ニュージーランドスポーツクライミングワクチン決断新型コロナウイルス接種翻訳記事
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング