EXIT・兼近、政治家の会食に疑問 「要はチャラ飲みじゃないすか」

新型コロナの懲罰案の修正などが取り上げられた、28日放送の『ABEMA Prime』。EXIT・兼近大樹が政治家の会食問題について発言。

EXIT・兼近大樹
(写真提供:JP News)

お笑いコンビ・EXITが、28日放送の『ABEMA Prime』(ABEMA)に出演。国民の自粛と政治家の会食問題についてコメントした。



 

■会食はチャラ飲み?

新型コロナウイルス感染症対策において、入院拒否や濃厚接触者の調査を拒否した場合には懲役刑か罰金を科すという、改正案に盛り込まれた刑事罰が、一転して削除されることに。刑罰は行政罰、罰金は50万以下と緩められた背景には、次々発覚する議員たちの会食が影響しているとの噂も。

このニュースについて、EXIT・りんたろー。は「自分の行動が伴ってないと強くは言えないと思うんで、そこがちょっと行動とチグハグなのかなって」とコメント。


関連記事:杉村太蔵、菅総理会食の感染対策を称賛 「一般国民と違う」と擁護も

 

■分かりやすく呼び方も変えてほしい

相方の兼近大樹は「会食の映像の笑顔が楽しそうで仕方なかったですね。チャラ飲みじゃないすか、言っちゃえば、会食って」。

「会食が仕事ってのもわかるんですよ、だったら呼び方変えてほしいですね。『仕事の食事』って言い方にしちゃえば足引っ張られることはないはずなんで。『チャラ飲み』か『仕事の食事』どっちかにしてほしいですね、分かりやすく」と、チャラ芸人らしい笑いを誘った。

次ページ
■会食はおじさんの習慣?