4人の少女を襲った19歳の小児性愛者 呆れた犯行動機にも波紋広がる

思春期の女の子たちが、チャットアプリでの「出会い」にスリルや興奮を求めているとしたら、大きな問題だ。

2021/01/31 18:30

性犯罪
(innovatedcaptures/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

幼い子供達の体を傷つけ、笑顔と無邪気さを奪い取る、小児性愛者による性犯罪事件。米国・テキサス州で4人もの少女を襲った19歳の容疑者の男は、常識ある人ならおよそ考えないような犯行動機を口にしたという。



 

 

■有罪判決なら終身刑か

テキサス州のウィチタ郡で2019年秋に起きた、未成年者少女に対する性的暴行・虐待事件。11歳の少女を無理やり強姦し、3名の少女に性的虐待を働いたのは、ウィチタフォールズ市のダミアン・デヴォアという当時19歳の小児性愛者だった。

裁判がいよいよ始まることを『KFDX-TV』をはじめ多くの地元メディアが報じているが、有罪判決なら終身刑が下る可能性もあるという。


関連記事:ニワトリや犬との性行為動画に児童ポルノ… 撮影し売りさばいた男が3年の禁錮刑

 

■呆れた犯行動機

それらの事件は、被害に遭った少女たちが、親に事実を打ち明けたことで発覚した。

デヴォア被告は犯行の動機について、警察には「女の子たちにお酒や性を教えてあげて、ビシッと決めれば『超イケてる』と言ってもらえると思った」などと話していた。裁判を前に、その独りよがりで身勝手な発想が、世間を呆れさせている。

次ページ
■チャットアプリを通じて

「楽天スーパーSALE」12月4日20時から 約200万点が半額以下に

スマホ思春期飲酒強姦性的暴行性的虐待小児性愛者翻訳記事チャットアプリ
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング