口論の末に15歳少女を刺殺 12歳から14歳まで少女4名を殺人容疑で逮捕

友人から刃物を向けられた瞬間、15歳の少女はどれほどの恐怖を強いられたことだろう。

社会

2021/02/01 07:00

集団暴力
(LSOphoto/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

友人グループと思われた5名の少女たち。だが、1人のポケットにはナイフが隠されていた。このたび米国のルイジアナ州で、15歳の少女が友人の1人にナイフで刺され死亡したことを、地元の『KLFY-TV』ほか多くのメディアが報じている。



 

 

■食料品店で大喧嘩

事件は23日午後7時半ごろ、ルイジアナ州カルカソー郡のレイクチャールズ市で発生した。

10代前半の少女5名のグループが、スーパーマーケットの『ウォルマート』で激しい口論を繰り広げ、そのうち15歳の少女がナイフで胸を刺されて倒れ、ほかの少女たちは逃走した。刺された少女は、市内の病院に救急搬送されるも死亡した。


関連記事:20歳の継母に禁断の恋をした13歳少女 激しく嫉妬した30代の父親を殺害

 

■全員を少年拘置所へ

その後、カルカソー郡郡保安官事務所は、店から逃走していた12歳から14歳までの4人の少女の身柄を拘束。現在、全員が少年拘置所で過ごしている。

うち、リーガン・ブルサードという13歳の少女が第二級殺人の容疑で起訴され、ほかの3人の少女については、刃物を手にしていなかったものの殺意は等しかったとして、共謀共同正犯の責任を問われることになるという。

次ページ
■「情報は慎重な取り扱いを」

この記事の画像(2枚)