雪見だいふくの新作がとろけるウマさ その裏でバニラ味と見た目似すぎ問題が勃発

「雪見だいふく 北海道ミルクプリン」がウマすぎると話題。練乳ソースの甘さがたまらない…

グルメ

2021/02/01 07:20

雪見だいふく

ロッテは1月25日、「雪見だいふく 北海道ミルクプリン」(税込194円)を発売。ネット上では、「濃厚で美味しすぎる」と評判だ。そこで、しらべぇ編集部でも実際にレビューしてみることに。


画像をもっと見る

 

■乳原料はすべて北海道産

「雪見だいふく」といえば、コクのあるバニラアイスを柔らかい求肥(ぎゅうひ)で包み込んだ、もちもち食感が特徴のアイスである。スタンダードなバニラ味の他、「ハートのいちご」「とろける生チョコレート」などを展開。

新発売となった「北海道ミルクプリン」は、とろっとした練乳ソースをミルクプリンアイスで包み込んだ一品で、すべての乳原料が北海道産となっている。


関連記事:バカリズムが結婚して妻へ最初に言ったこととは 共演者は驚きもあらわに

 

■甘い練乳ソースが最高だった

雪見だいふく

蓋を開けると、おなじみの容器にアイスが2つ。よく見ると、フォークの色がいつものピンク色ではなく、金色で少し豪華に見える。

雪見だいふく

もちもちの求肥(ぎゅうひ)にかぶりつくと、ミルクプリンアイスに甘い練乳ソースが絡み、口の中で絶妙なハーモニーを奏でるではないか。

雪見だいふく

とろっとした練乳ソースをこの目で見たいと思った記者は、「雪見だいふく 北海道ミルクプリン」を半分にカット。すると、とろとろの練乳ソースが溢れ出てくる絶景に巡り合うことができた。

次ページ
■「雪見だいふく」と見分けがつかない問題

この記事の画像(7枚)