西武・辻監督、ルーキー2選手の打撃センス評価 「パワフルで癖がない」

埼玉西武ライオンズ辻発彦監督が、キャンプ初日を終え記者陣の取材に応じた。

埼玉西武ライオンズ・辻発彦

埼玉西武ライオンズの春季キャンプが1日に開始。監督として今年で5シーズン目を迎える辻発彦監督が初日の練習を総括し、ルーキー2選手に期待を寄せた。


画像をもっと見る

 

■「少し寂しい」

無観客での開催となった今年のキャンプについて、「いつもスタンドにはたくさんのファンが来てくれているので、少し寂しい思い」と冒頭で触れた辻監督。

キャンプ初日を振り返り、「選手たちもしっかりトレーニングしてきたな、という感じがあり良い印象。投手陣は初日から全員プルペン入りしたが、(調整が)『遅れているな』と思った選手は一人もいなかった」と満足げに語っていた。


関連記事:プロ野球春季キャンプが一斉スタート 各球団とも新型コロナ対策を徹底

 

■ルーキーに熱視線

埼玉西武ライオンズ・辻発彦

野手陣では、ドラフト4位の若林楽人外野手、同6位のタイシンガー・ブランドン大河内野手がルーキーとして1軍キャンプに参加している。

「(2人とも)非常に楽しみな選手。バッティングはパワフルで癖もなく、タイミングのとり方もできている。といってもプロのスピードに慣れるのはまだまだですけど」とニンマリ。打撃練習時にはケージ横でフォームチェックするなど、期待の高さをうかがわせていた。


■昨年の雪辱を…

埼玉西武ライオンズ・森友哉

昨年は山川穂高内野手、森友哉捕手ら主力選手が相次いで不振に陥り、CS出場を逃すなど悔しいシーズンとなった。

辻監督は今年のチームスローガン『BREAK IT』を挙げた上で、「力を発揮できない選手、殻を破れない選手にどうにか自信をつけて欲しい。チーム一丸となってその殻を破っていくためには、いまの自分を超えることが必要」と言及。

「(キャンプは)一人ひとりの戦いになると思います」と期待に満ちた目で語っていた。

・合わせて読みたい→DeNAがキャンプメンバーを発表 ドラ1入江は1軍、今永は2軍スタート

(取材・文/しらべぇ編集部・キモカメコ 佐藤

この記事の画像(16枚)