森喜朗会長の失言に海外から猛反発 専門家は「会議で多弁なのはむしろ男性」

東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の会長である森喜朗氏。かなりの見当違いだと、海外でもバッシングが相次いでいる。

社会

2021/02/05 16:00

森喜朗

東京五輪のJOC臨時評議員会における、東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長の失言が、海外、とくに欧米で「見当違いも甚だしい」と波紋を広げている。オリンピックには海外から大勢の女性アスリートや大会関係者がやって来るため、このままで良いとは言えない展開だ。



 

■「とんでもない見当違い」

女性は会議で長く話しすぎるため、女性の多い会議は時間がかかるという森会長の発言に対し、海外では今、「驚くような性差別主義者(sexist)だ」「このような人物は、政治家として、五輪開催国の会長としていかがなものか」といったバッシング報道で沸いている。

英字の報道が増えるにつれ、SNSはますます炎上しているが、日本人が「女性に対する差別や侮辱、男尊女卑を強く感じる」と論じているのに対し、欧米では「とんでもない見当違いだ」と反発する声が目立ってきた。


関連記事:森喜朗会長の謝罪会見 杉村太蔵氏「久しぶりにすごいの見ました」

 

■著名な米国心理学者の見解

英語圏のSNSでは、米国ペンシルベニア大学のウォートンスクールで教鞭をとる心理学者のアダム・グラント氏のツイートが、注目を集めている。

森会長の見当違いを指摘する同氏は、「うるさく、よく喋り、話を遮られそうになっても黙ろうとしないのは、むしろ男性に多い」と指摘。男性は権力を盾に熱弁をふるいたがる傾向があり、とくに女性がいる会議では、それが顕著になると説明する。

日本の森会長の考え方は、少なくともアメリカでは通用しないようだ。

次ページ
■カナダの社会学者たちの見解