飛行機内で死亡した遺体はどうなる? 現役CAが驚愕の事実をTikTok投稿

客室乗務員が、驚きの暴露話を公開した。全身ブランケットにくるまった乗客は爆睡中ではない可能性もあるため、「ご飯きましたよ」などと親切に声をかけないほうが…。

社会

2021/02/07 06:30


 

■機内では隠語も使用

アメリカの航空会社では、遺体を運ぶコンテナの名称から、飛行中に亡くなった乗客を「ジム・ウィルソン」と呼ぶ。その隠語をほとんどの乗客が知らないため、客室乗務員同士やコックピットとの連絡はスムーズにいくそうだ。

他に、「Human Remains(ヒューマン・リメインズ/遺体・遺骨の意味)」の頭文字を取って「HR」と呼ぶ航空会社もある。

こうした事実に多くの人がショックを受けたとみえ、動画のコメント欄には「隣の座席の人が全身をブランケットで覆っていて、食事はもちろん、着陸しても爆睡して起きないことがあった」「近くや隣に遺体とか、勘弁してほしい…」といった声が並んだ。


関連記事:2歳児がマスク拒否し強制降機になった一家 激怒の動画公開に「当然だろ」の声も

 

■CAは憧れの職業だが…

機内でしばしば発生する緊急事態。急病人ばかりか、突然の陣痛やお産についても客室乗務員はしっかりと訓練を受けている。そして処置に当たる一方、ほかの乗客をパニックにさせないよう、冷静な立ち振る舞いも重要だ。

乗客の大きな荷物を頭上の棚に上げ、重いカートを移動させるなど、客室乗務員の仕事は肉体労働も多数。生活リズムもかなり不規則になり、激務で体調を崩してしまう人も少なくない。華やかなイメージもあるが、想像以上にタフな世界だという。

・合わせて読みたい→小柳ルミ子、飛行機で“迷惑な乗客”に遭遇したと報告 「最悪のフライトでした」

(文/しらべぇ編集部・桜田 ルイ

この記事の画像(1枚)