アプリで出会った14歳少女と性交した被告にお咎めなし 予想外の判決の理由とは

判事はその裁判で、同意があった性行為は「性的暴行」とは言わないと述べた。

社会

2021/02/07 16:30

少女・スマートフォン
(miya227/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

アプリを通じて見ず知らずの女子中学生と出会い、意気投合し、性的関係を持つ。重い罪に問われる恥ずべき行為だが、オーストラリアのある州では予想外の判決が下ることがしばしばある。そんな一件を、英国のメディア『The Sun』『Mail Online』などが驚きとともに報じた。



 

 

■刑務所行きを免れた被告

オーストラリアのクイーンズランド州にあるビーンリー地方裁判所で、このほど注目の裁判が結審した。

マックス・パトリック・エドワーズという21歳の男の被告は、昨年2月、14歳の少女と性行為をしたことを少女の母親に気づかれ、警察に訴えられていた。16歳未満の者に対する性的暴行の罪に問われた被告だが、予想に反して18ヶ月の保護観察処分を言い渡されたのみだった。


関連記事:4人の少女を襲った19歳の小児性愛者 呆れた犯行動機にも波紋広がる

 

■ソファでキスを交わし…

エドワーズ被告と少女の出会いから性行為の成立までは、法廷でも明らかにされた。『Wink』というアプリを通して知り合った2人は、1週間ほどチャットを交わすなか親密になり、ある日エドワーズの自宅に少女が招かれたという。

ソファに寝そべるなかキスを交わした2人は、合意のうえで性行為を交わし、その後、エドワーズは車で少女を自宅に送り届けていた。

次ページ
■少女の気持ちを確認

この記事の画像(1枚)