大減俸から復活に賭けるDeNA・三上朋也投手 変化球の意味確かめながらブルペンで快投

嘉手納で行われている横浜DeNAベイスターズのファームキャンプで、三上朋也投手らがブルペン入り。

横浜DeNAベイスターズ・三上朋也投手

横浜DeNAベイスターズが嘉手納で実施しているファームキャンプ。第2クール2日目は、三上朋也、勝又温史、浅田将汰、田中健二朗の4投手がブルペン入りした。全員が捕手を座らせ、変化球も交えての投球練習を行った。


画像をもっと見る

 

■復活めざすドラ1・田中

横浜DeNAベイスターズ・田中健二朗投手

2019年に左肘のトミー・ジョン手術を受け、現在は育成選手として契約している2007年の高校生ドラフト1位・田中健二朗投手は、変化球のキレを確かめるように投球。躍動感のあるフォームで、捕手のミットを鳴らしていた。


関連記事:DeNAがキャンプメンバーを発表 ドラ1入江は1軍、今永は2軍スタート

 

■復活に賭ける三上も快投

横浜DeNAベイスターズ・三上朋也投手

昨年は減額制限いっぱいの減俸となり、悔しいシーズンを過ごした三上は、多彩な変化球が持ち味。カットボールとスライダーの役割をそれぞれ確認したり、ステップを調整するなど、ベテランらしい着実な仕上がりを見せている。

投球練習後は、ファームの大家友和投手コーチをつかまえて話し込む場面も。

横浜DeNAベイスターズ・大家友和コーチ


■若手投手も順調

横浜DeNAベイスターズ・勝又温史投手

今年は飛躍をめざす若手投手も仕上がり順調だ。2018年のドラフト4位・勝又温史投手、2019年のドラフト7位・浅田将汰投手も、コーチの前でキレの良い投球を見せていた。

横浜DeNAベイスターズ・浅田将汰投手

日中の最高気温が21℃と、過ごしやすい陽気の嘉手納町。昨日の囲み取材で山崎康晃投手も語っていたが、この暖かさが調整にも好影響を与えているのかもしれない。

・合わせて読みたい→高橋光成、投球フォームの安定化に着手中 「順調です。へっへっへ」

(取材・文/しらべぇ編集部・タカハシマコト

→Amazonおせち料理2023 早割で最大1万ポイントゲット 10/8(土)まで

キャンプ横浜DeNAベイスターズトミー・ジョン手術スライダー三上朋也勝又温史田中健二朗ブルペンカットボール大家友和
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング