DeNA・上茶谷の激似モノマネが話題 巨人へ移籍したあの選手の忘れ物を使って…

DeNA・上茶谷のモノマネが話題。井納投手のバッティングフォームを完全再現。

スポーツ

2021/02/10 17:00

横浜DeNAベイスターズ・上茶谷大河投手

横浜DeNAベイスターズに所属する上茶谷大河投手は9日、自身のツイッターを更新。巨人に移籍した井納翔一投手のバッティングフォームのモノマネ動画を投稿し、ネット上で「そっくり」だと話題になっている。



 

■キッカケは国吉投手

今回のモノマネは、国吉佑樹投手がDeNA投手陣のバットケースの中から、井納投手の野球用具を見つけ、自身のツイッターで「ピッチャー陣のバットケースの中にあの人の忘れ物発見」と投稿したことから始まった。

その投稿を見た井納投手は、「ピッチャー陣で使っていいよ」とリプライ。まさかのプレゼントを貰った投手陣を代表して、上茶谷投手が感謝の気持ちを込めてモノマネを披露する流れとなった。


関連記事:DeNAがキャンプメンバーを発表 ドラ1入江は1軍、今永は2軍スタート

 

■井納投手のモノマネが似すぎている

井納投手に対して、「バットとエルボー、フットまでありがとうございます!!!大事に使います」とリプライをし、バッティングフォームのモノマネ動画を投稿した上茶谷投手。

井納投手のバットなどの用具を使い、2019年6月8日の西武ライオンズ戦で放ったライト前ヒットを完全再現。

独特の構えから、外角低めのボールをめがけてスイングする姿は井納投手そのもので、打った後の走り方もよく似ている。ネットでも、「すごく似ている」「バットの振り方がそっくり」「井納さんにしか見えない」などの絶賛の声が相次いだ。


■細かすぎるモノマネも持っている

野球選手のモノマネが上手で、チームメイトからは「ハマのコロッケ」といわれている上茶谷投手。球団の公式ツイッターでも、モノマネクイズが投稿されるほど。このモノマネは、中日ドラゴンズ時代のトニ・ブランコ選手のようだ。

はたして井納投手から譲り受けたバットを公式戦で使用する日は来るのだろうか。上茶谷投手のピッチングだけでなく、バッティングからも目が離せない。

・合わせて読みたい→太田光、霜降り・せいやのモノマネ挑戦に意欲 「俺も股間出しちゃおうかな」

(文/しらべぇ編集部・小野田裕太

この記事の画像(1枚)