任天堂、Switchで人気作4本を配信 「神ゲー」「最高すぎる」と喜びの声

「ファミリーコンピュータ&スーパーファミコン Nintendo Switch Online」に人気作品4作が追加。ファンからは歓喜の声が。

話題

2021/02/10 18:00

任天堂は10日、有料オンラインサービスの加入特典である『ファミリーコンピュータ&スーパーファミコン Nintendo Switch Online』の追加タイトルを発表。ファンから大きな反響が寄せられている。



 

■4作品が追加

Nintendo Switch Onlineは、オンライン対戦をする際に必要なサービスであり、月額306円で加入することが可能。その加入特典である『ファミリーコンピュータ&スーパーファミコン Nintendo Switch Online』では、任天堂を代表するレトロゲームの数々が遊べることで知られている。

今回、追加配信が決定したのは『サイコドリーム』『真・女神転生II』『マリオのスーパーピクロス』『ソロモンの鍵2 ~クールミン島救出作戦~』の計4作品だ。


関連記事:任天堂、Switchで激レアゲームを配信も… ファンから心配の声があがる理由

 

■ネット上では歓喜の声が

『マリオのスーパーピクロス』は、今回追加が決定されたゲームの中でもかなり注目を集めた。同ゲームは、縦横の数字に当てはまるマスを埋めて絵を完成させる「ピクロス」を題材とした作品となっており、比較的難易度の高いパズルゲームとなっている。

今回の発表を受け、ツイッター上では「任天堂はゲーム選びのセンスが良すぎる」「神ゲー」「最高すぎる」「今更、スーファミ買ってゲームしないからとても助かる」といったファンからの歓喜の声が多数寄せられている。


■他の作品も話題に

昨年7月に『真・女神転生』シリーズの第1作目が同サービスで配信開始されており、今回の『真・女神転生II』の追加により連作で遊ぶことが可能だ。また『サイコドリーム』は、真のエンディングが説明書に書かれていることから、「どうなるの?」といった不安の声もあがっている。

任天堂の公式YouTubeチャンネルでは、これら4作品の裏技テクニックを紹介しており、プレイする予定がある人はぜひチェックしてほしい。

・合わせて読みたい→任天堂、Switchで『スーパーマリオ35』を配信 「神ゲーすぎる」と反響

(文/しらべぇ編集部・北田力也