若者に人気の株取引アプリ大損失で自殺者 両親が「どうか気をつけて」と涙の訴え

上級者向けの取引に手を出し、大きな損失を抱えて自殺した男子大学生。両親が「スマホでの安易な取引には危険がいっぱい。皆さんも気を付けて」と、涙で訴えた。

社会

2021/02/13 19:30

スマホ・男性
(Phira Phonruewiangphing/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

アメリカの若者の間では今、株取引アプリが大変な人気を博している。しかしユーザーたちは、投資についてどれほど正しい知識を持ち、リスク管理ができているのだろうか。その危険性について、『NEW YORK POST』『CBS News』など大手メディアが続々と伝えている。



 

 

■「取引手数料なし」で人気に

アメリカで今、カリフォルニア州メンローパークを本拠地とするRobinhood Markets Inc.による株取引アプリ『ロビンフッド』が、週当たりのダウンロード件数が前週の4倍にも跳ね上がるなどして、大変注目されている。

高頻度の取引業者から受け取るリベート、プレミアム会員手数料やその金利収入などを収入源とし、「証券取引手数料なしで売買を」と謳い、全米の話題をさらっているのだ。


関連記事:前澤友作氏、44億円の投資損失を明かす 「軽々言えるのがすごい」と反響

 

■オプション取引で大損失

楽をして大金を稼ぎたいとして、投資に意欲を燃やす若者がますます増えているアメリカ。しかし強い冒険心が、リスク管理の意識を上回ってしまうことも多いのだろう。

昨年6月には、州立ネブラスカ大学の男子学生アレクサンダー・カーンズさん(20)が、『ロビンフッド』で上級者向けのオプション取引に手を出して失敗し、自殺していた。

オプション取引の「売り(空売り)」は、短期間で株価が大きく動くと損失が無限大に膨らむこともある。

アレクサンダーさんは、日本円で約7,660万円の大損失(証券会社に対する借金)を抱え、数日以内に1,800万円ほどを支払う必要があると知り、パニックに陥って電車に飛び込み自殺したのだった。

次ページ
■率直な疑問が綴られた遺書

この記事の画像(1枚)