いじめ動画を見たネットユーザーが加害者を特定し報復に走る 「絶対に許さん!」

いじめ動画を見て「これはひどい!」と考えた人たちのうち、一部が復讐を実行した。

社会

2021/02/13 18:40


 

■ネットユーザーが復讐代行

警察が速やかに動き対処したものの、ネットで動画を見た人たちの怒りはすさまじかった。うち一部は女子高生に代わって復讐を決め、加害者のひとりである19歳の男を特定。2月7日に地元の墓地に連れ出し、野球バットなどで殴りつけ手の骨を折った。

警察の捜査で、加害者を襲った容疑者16名を断定。うちひとりは加害者の知人だというが、襲撃については否認している。

これとは別に、6人のネットユーザーらが同加害者の家に行き、生卵をぶつける事件も発生した。そちらも警察に事情をきかれ、「いじめ被害者のために仕返ししてあげたかった」と話したという。


関連記事:100回スクワットジャンプの体罰受けた女子生徒 歩行不可能で転校も視野に

 

■約4割がいじめられた経験あり

しらべぇ編集部が全国10〜60代の男女1,789名を対象に調査した結果、全体の43.2%が「過去にいじめられた経験がある」と回答した。

過去にいじめられた経験者の割合

いじめ被害者がこれだけ多いにもかかわらず、すべての加害者が処分を受けるとは限らない。それもあってか一部のネットユーザーが過激な報復に走り、彼らもまた加害者の立場になってしまった。

いじめられたら、まずは学校や保護者、必要であれば警察に相談する。第三者は報復に走らず、的確な情報提供などにより解決に貢献するほうが建設的だ。

・合わせて読みたい→娘のネットいじめに父親が介入 加害者の兄に殺害される最悪の結果に

(文/しらべぇ編集部・マローン 小原

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2020年2月21日~2020年2月26日
対象:全国20代~60代の男女1,789名(有効回答数)

この記事の画像(2枚)