いきなりステーキ、これまでの「常識」変える新商品をこっそりリリースしていた

近年、経営面で苦戦している「いきなりステーキ」がここに来て新商品を一気に投下している。

いきなりステーキ」の一部店舗で、新メニュー「いきなり!特製牛串」が登場している。ステーキ専門店の本気の牛串、期待を込めて早速食べてみた。


画像をもっと見る

 

■赤坂通り店で発見

いきなりステーキ

今月20日と21日、東京・錦糸町「オリナスタワー」に同店初となるキッチンカー形態の店舗が登場すると9日、発表があった。

その移動式店舗のウリがこの牛串で、「いきなり!特製牛串」(税込324円)と「いきなり!サーロイン串」(税込790円)がネットで公表されると、「いいんじゃないか」「面白い」と話題になっていたが、東京・港区の赤坂通り店では一足先に「いきなり!特製牛串」が登場。

公式サイトにも一切正式な告知がなく、記者も立ち寄って偶然レジ横の小さいPOPで発見したレベルだった。なぜこんなにひっそりと…。


関連記事:コメダの新商品・コメ牛、一部欠品が出るほど好評なワケがわかった

 

■使用部位はハラミ

いきなりステーキ

テイクアウト専用のこの商品は、1本324円で、5本セットだと1,296円(ともに税込)と割引価格になる。5本注文しようとしたら、すでに在庫切れの状況で1本だけしかないという。

意外と売れているのかもしれないと期待が高まりつつ、お肉の部位を聞くと「ハラミ」を使っていると教えてくれた。

じつは同店の牛串は2019年夏にも一部店舗限定で販売されていた。しかしこの際は、「ワイルドステーキ」の使用肉である牛肩ロースを材料にしており、ボリュームはあったものの1本600円とお世辞にも手頃とはいえない代物だった。

一方、今回は安価で旨味のあるハラミ。この部位の使用はおそらくいきステ初の試みで、同店の常識を変えそうだ。

次ページ
■しっかり味が染み込んだ牛串

この記事の画像(4枚)