札幌市で消防21台出動の火災発生 現場状況を目撃者と消防に聞いた

札幌市の工事現場で火災が発生し一人が大やけどを負う重症。現場の緊迫した状況とは…

話題

2021/02/13 17:35

火事
(画像提供:真琴さん)

13日午後に、札幌市中央区南9条西5丁目の工事現場で火災が発生した。しらべぇ取材班は、現場の詳しい状況を消防と目撃者から聞いた。



 

■50代男性が大やけど

札幌市消防局によると、午後3時25分頃、現場付近の通行人から「新築工事現場から黒い煙があがっている」との119番通報が入った。現場には、消防車両21台(うち救急車2台)が駆けつけ、消火活動にあたった。

救急隊は、現場で大やけどの重症を負った50代男性を高度な医療機関に搬送。現場内にいたそれ以外の作業員は避難し、無事だった。現場からは「灯油を給油中に引火した」との情報が入っており、警察と消防が詳しい状況を調査している。


関連記事:横浜市で消防30隊出動する火災発生 緊迫する現場の状況を聞いた

 

■隣のホテルが心配だった

火災発生直後に現場を通りかかった真琴さんは、当時について「まだパトカー2台ほどしかきていなかった。また近隣に避難を呼びかけている状況だった」と話す。


さらに、「その当時は爆発などはしていなかったが、隣のホテルが心配だった」と語った。


■炎の勢いがすごい

現場は、札幌市・市営地下鉄南北線中島公園駅近く。現場周辺には多数のマンションが立ち並んでいる。しらべぇ取材班は、この火災に関する投稿をSNS上で67件確認。

「セイコーマート本部前の道路をはさんだ向かい側で、電線が燃えている」「大和ハウスの建築現場で火災」「炎の勢いがすごくて熱い」「現場付近が通行止めになっており、配達に遅れてしまう」といった声があがっていた。

・合わせて読みたい→横浜中華街・東門前の衝突事故で8人が負傷 事故の様子を消防などに直撃

(取材・文/しらべぇ編集部・おのっち

この記事の画像(1枚)