歯列矯正中の美容整形手術で敗血症に? 20代女性の死で歯周病に注目集まる

美しい歯並びを手に入れ、コンプレックスを感じていたパーツを美容整形で直してもらえば、その後には輝かしい未来が…。お年頃の彼女は、そんな風に思っていたはずだ。

社会

2021/02/14 05:30

歯列矯正
(RyanKing999/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

歯並びを矯正しているなかで行われた鼻の美容整形手術。その2つの組み合わせには、思わぬ危険が潜んでいるのだろうか。ある女性の悲劇的な死について、英国のメディア『Mirror』『The Sun』などが報じている。



 

■鼻の美容整形手術

トルコのアダナ県で、鼻筋を細くさせる美容整形手術を受けたレイラ・ソンメスさんという24歳の女子学生。彼女は手術後に感染性心内膜炎および敗血症を発症し、多臓器不全に陥ったことから2019年2月3日、24歳の若さで帰らぬ人となった。

2年前の出来事ではあるが、その死因として思わぬ側面が見えてきたことが伝えられ、改めて人々の関心を集めている。


関連記事:豊胸手術を受けた女性が帰国後に救急搬送 手術中の心停止をクリニックが隠蔽か

 

■医療過誤だと訴えた父親

手術後のレイラさんの様子について、友人はボイスメールを受け取っていた。「鼻と口から血が噴き出てきた」「腹痛がひどく、時々失神する」「心臓に問題があるらしく、手足にアザが出て、血行も悪くなっている」などと訴えるレイラさん。

次々と異常が現れていたことを知った父親のアリ・ハイダー・ソンメスさんは、医療過誤だとしてクリニックを提訴した。

次ページ
■見えてきた別の側面

この記事の画像(1枚)