貨物機の車輪奥に隠れ高度1万メートルを数時間 16歳少年が低体温症で救急搬送

警察は、人身売買組織が絡んでいる可能性も視野に入れつつ、捜査を行うという。

社会

2021/02/14 13:30

貨物航空機
(vovashevchuk/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

飛行機の車輪をよじ登って降着装置の格納部に隠れ、目的地に着くまで数時間じっと耐え続ける。これは、死と隣り合わせの大変危険な違法行為だ。ある空港でこのたび確認された事例について、オランダの『Netherlands News Live』やイギリスの『The Guardian』などが報じている。



 

■少年が車輪の格納庫に潜伏

今月4日午後、オランダのマーストリヒト・アーヘン空港に着陸したトルコ航空のエアバスA330型貨物機において、車輪の格納庫の奥に潜んでいる少年1名が発見された。

同機は3日にナイロビの空港を出発。トルコのイスタンブール国際空港、そして英国のロンドン・スタンステッド空港を経由してオランダに飛んできた。


関連記事:恋人の元へ向かうフライト中に18歳妊婦が出産 飛行機は緊急着陸

 

■重度の低体温症で救急搬送

ロンドン・スタンステッド空港からマーストリヒト・アーヘン空港の飛行距離は、400キロメートルほど。貨物機は数時間にわたり、上空38,000フィート(高度11,000メートル強)を維持していたという。

少年はケニア出身で16歳。重度の低体温症が確認され、ただちに付近の病院に救急搬送された。順調に回復を見せているという。

次ページ
■人身売買組織も関与か

この記事の画像(1枚)