マックでヒステリーを炸裂させた母親 「もうやめて」と泣く幼児に同情の声

怒りのスイッチが一旦入ると、ヒステリーがどんどんエスカレートする女性がたまにいる。

社会

2021/02/14 06:30

マクドナルド

デパートやスーパーマーケット、飲食店、あらゆる窓口の従業員に、謝罪するよう怒鳴りつけている客を見かけることがある。なかでも高齢の男性は高圧的に、そして女性はヒステリックになってしまうようだ。このほど、オーストラリアのあるマクドナルドでは…。



 

■子供は泣いて「ママやめて」

オーストラリア・ニューサウスウェールズ州のケンプシーにあるマクドナルドの店舗に、今月3日の夜、若い女の客が子連れで来店。従業員を激しく罵倒する様子が、背後から第三者により録画された。

オーストラリアの『7News.au』『yahoo News Australia』などが報じたところによれば、女は28歳。隣では幼い子供が「ママもうやめて」と泣き叫んで訴えていたが、女は聞く耳すら持たず、卑語交じりの暴言を延々と続けたという。


関連記事:10代母が新生児を殺害 動機は「彼氏に捨てられたくなかったから」

 

■混雑時は誰もが我慢

女は「20分間も待たされた」という理由で、10代のアルバイト店員をひたすら怒鳴りつけた。だが混雑時ではそんなこともある。ほとんどの客が我慢しているが、彼女は耐えられなかったようだ。

警察が呼ばれ、女はやっと静かになった。店や従業員に対しては謝罪の弁もあったが、日本円にして4万円強の罰金刑がその場で言い渡され、翌日には支払いがなされたという。

次ページ
■親を見て育つ子供の苦悩

この記事の画像(1枚)