小学3年生グループが園児にトイレで猥褻行為を強要 一貫校での大事件の顛末とは

強い性衝動で事件を起こす者は、世界的に見てますます低年齢化し、近年では中学生や小学生による性犯罪も珍しくないといわれている。

2021/02/14 19:00


 

 

■箝口令に対する不満

被害者のプライバシーを重んじるという理由から、事件は速やかに封印されていたが、このほどPTAでいじめの問題が話し合われていたなか、当時のことを知る保護者がその事件について触れ、波紋を広げてしまった。

事件から数日後、保護者全員に送信されたニュースレターで簡単に知ったというもので、知らなかった保護者からは、箝口(かんこう)令を敷いた学校および教育委員会のやり方は無策で無責任だとして、批判する声が噴出したという。


関連記事:娘を強姦した男への激しい暴行で父親も逮捕 「どうしても自分で殴りたかった…」

 

■ゴシップもいじめに等しい

だがこの事件について、州教育委員会や州司法当局とともに水面下で調査にあたった教育省は、被害者をそっとしておく、という配慮の重要さについても触れている。

「子供たちのいじめの方法が陰湿で悪質になっていることが、非常に悩ましいです」と嘆いたうえで、幼い子の性犯罪は、被害者が立ち直れなくなるほどショッキングで辛いものであり、不要に話題にすることは控えるべきだと述べている。

被害者の心の尊厳を守り、事件を1日も早く忘れてもらうためにも、周囲にもその話題を口にしない、町のゴシップにしないといった努力が必要になる。これは「知る権利がある」という主張以上に大切なことではないだろうか。

・合わせて読みたい→13歳から16歳までの少年4名が女性を集団レイプ ネットによる刺激が悪影響か

(文/しらべぇ編集部・浅野 ナオミ

Amazonブラックフライデー開催中! あれもこれも驚き価格のビッグセール

トイレイジメ小学校幼稚園PTA教育委員会保護者翻訳記事箝口令一貫校
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング