小学3年生グループが園児にトイレで猥褻行為を強要 一貫校での大事件の顛末とは

強い性衝動で事件を起こす者は、世界的に見てますます低年齢化し、近年では中学生や小学生による性犯罪も珍しくないといわれている。

社会

2021/02/14 19:00

学校のトイレ
(ChiccoDodiFC/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

学校の中でいじめや性犯罪が起きたとき、学校や教育委員会はどう対処するべきなのか。責任感や誠実さが問われる事例が多々伝えられているが、当事者ではない保護者の動きについてはどうだろうか。

2019年にオーストラリアで起きたある事件のその後について、興味深い話題を『シドニー・モーニング・ヘラルド』紙ほかが報じている。



 

 

■幼稚園児に性的行為を強要

事件は2019年6月、オーストラリア・ニューサウスウェールズ州にある一貫校のスクールで起きた。小学3年生のいじめっ子グループが付属幼稚園の子供たちを連れ出し、トイレに閉じ込めて性的な行為をするよう強要していたことが、今頃になって明らかにされたのだ。

裕福な家庭を対象とした名門校ではないとの情報があるものの、学校名は明らかにされていない。


関連記事:娘を強姦した男への激しい暴行で父親も逮捕 「どうしても自分で殴りたかった…」

 

■加害者は転校し校長は辞任

事件の直後、小学校ではいじめ対策に関するパンフレットを子供たちに向けて配布。一方、被害に遭った園児たちが負った心身のダメージは大きく、屈辱感、恐怖や長期的な不安が残っているため、カウンセリングが始まった。

それは幼児に対する明らかな性的虐待行為だったが、加害者の年齢から法で裁くことは困難だ。当該生徒たちは責任を取るかたちでこっそりと転校し、当時の校長は2ヶ月にわたり休職した後、町からも転出していた。

次ページ
■箝口令に対する不満