脱衣麻雀に温泉入浴シーンも 安倍乙、お色気コメディ麻雀ドラマに挑戦

14日配信のドラマ『麻雀宝湯記』で主演を務める安倍乙インタビュー。最近「しらべぇ」したのはバイデンの都市伝説?

安倍乙

秋元康氏プロデュース「劇団4ドル50セント」の女優・安倍乙が、東映の映像配信サービス「Xstream46」で14日から配信されるオリジナルドラマ『麻雀宝湯記 石和の亀篇・伊東の黒豹篇』で奥山かずさとダブル主演を務める。

安倍と奥山演じる女雀士が、温泉地を舞台に極悪雀士たちと奇想天外な麻雀バトルを展開する本作。闘牌の合間には、疲れを癒すふたりの温泉入浴シーンも登場する、お色気旅情闘牌コメディドラマだ。

しらべぇ取材班では、本作の主人公・真白を演じた安倍にインタビューを実施。作品の見どころ、撮影を振り返っての感想、「しらべぇ」にちなみ最近調べたことなど話を聞いた。


画像をもっと見る
 

 

■完成した映像を観て感動「頑張ったな」

―――『麻雀宝湯記』の配信がいよいよ開始されますが、今のお気持ちはいかがですか?

安倍:もともと麻雀の知識が全くなかったので、オファーをいただいて最初に台本に目を通したときは、「ツーイーソーって何語?」って感じでした(笑)。


麻雀のルールを勉強するのと同時にセリフを覚えるのは大変でしたね。真白は温泉に入って体が火照ると麻雀が強くなるという役なので、手さばきも重要で。


コロナ対策にも気をつけながら、スケジュールが詰まった中での撮影だったので、完成した映像を観たときは、頑張ったな、と感動しました。自分で言うのもなんなのですが、根が真面目なんです(笑)。


関連記事:プロ雀士グラドル・高宮まり、大人の色気が大放出 「きわどい水着でかっこよく撮れてる」

 

■「3、3、3、3、2」を覚えるべし

安倍乙

―――未経験者からすると麻雀のルールはすごく難しいと思うのですが、もうバッチリですか?

安倍:用語は覚えたんですけど、点数計算の仕方がまだわからなくて…。撮影が終わってからも、麻雀のアプリを頻繁にやって勉強しています!


―――作品を観させていただいて、麻雀のルールを知らなくても楽しめるドラマだと思ったのですが、「これを知っておくともっと楽しめる!」というルールや用語はありますか?

安倍:「2、2、2、2、3」を覚えておくと、より楽しめると思います!


スタッフ:「3、3、3、3、2」じゃない?


安倍:「3、3、3、3、2」でした(笑)!


―――あはは(笑)。僕はルールを知らないので、そのまま覚えて帰るところでした!

安倍:誤った内容の記事になってしまうところでした(笑)。

次ページ
■温泉のシーンはエナジードリンクを注入

この記事の画像(11枚)